PhoneFoam Golf Line iPhone 6/6Plus

iPhone 6の美しいエッジデザインをリスペクトし、極限まで薄く・そして強く設計しました。
ポリウレタンとポリカーボネートの二層構造で本体を落下衝撃から守る耐衝撃性を備え、カード収納機能があります。

For iPhone 6s  登場
For iPhone 6s
ローズゴールド
for iPhone 6
心地よく手に馴染む
限りなくスマート
for iPhone 6 Plus
美しいエッジデザイン
しっかりと安心感
iPhone 6
iPhone 6 Plus
iPhone 6
iPhone 6 Plus
Sync Stand for Tablet 対応

※Sync Stand for Smartphone 使用不可
※iPhone 6 は、支柱部との間にスキができます
Sync Stand for Tablet 対応

※Sync Stand for Smartphone 使用不可

iPhoneの薄さを損なわない

iPhone 6 / iPhone 6 Plusは、その薄さにも大きな魅力があります。
Lineは、その薄さとデザイン性の高さを最大限に活かしながら、しかも本体への衝撃を緩和する性能を高める工夫をしました。
iPhone 6本体の厚みは6.9mm。iPhone 6 Plusは7.1mmで、PhoneFoam Lineを装着すると、厚みはiPhone 6 = 11mm、6 Plus = 11.2mmとなります。iPhone 6sでは11.6mmです。

line8

カメラを守り、手からの滑落を防ぐ

Lineの背面は硬質のポリウレタン。iPhoneの本体を衝撃から守るため、一定の厚みがあります。しかし、厚みが広角カメラに干渉しては意味がありません。
カメラとフラッシュだけを覆って本体をしっかりガードしつつ、機能を制限しないように、最適な角度で傾斜を付けて削り込まれていることにご注目ください。
それだけではありません。表面には細かなグリッドが施されており、滑り止めの役割を果たします。(iPhone 6 / 6 Plus版では格子状のグリッド、6sではボーダーグリッドです。)
大切なiPhoneの滑落リスクを軽減し、しっかりと守り、その黒さはバンパー部のメタル調の輝きを引き締める役割を担います。

5

美しいエッジ

“Line”の製品名は、バンパー部のメタルの輝きが美しいことから取られました。まさしく、「一筋の光」です。
カラーバリエーションは、4色。
くっきりと遠目にも分かる鮮やかさの「ローズ・レッド」。濃緑の森林を思わせる「ハンター・グリーン」(6/6+のみ)。定番の安心感「ダーク・シルバー」。プラチナの輝きを連想させる「ピュア・ホワイト」。そして、6s版では「ローズゴールド」が加わりました。どの色を選ばれても失敗のない美しさです。


しかも、ICカード収納可。

iPhoneをお財布ケータイ化できるのがPhone Foamシリーズの特徴。当然、”Line”にもカード収納機能があります。
iPhoneをケースから取り出すことなく、カードの着脱ができる「カードスロット」は、ポリウレタン素材の摩擦でしっかりとカードをホールドし、抜け落ちるリスクはほとんどありません。

15

ICカード用 エラー防止シート付き

iPhoneケースにICカードを入れて、改札を通ろうとするとエラーが出ることがあります。

これはスマートフォンから出る電磁波が読み取り機とカードとの通信に影響を与える場合があるからです。これを解決するのがエラー防止シート
Lineでは、エラー防止シートを同梱しました。iPhoneとICカードの間に差しこむようにして装着してください。
これで、改札も安心です。

anti-ray

iPhone 6 と iPhone 6 Plus に対応 iPhone 6sには使えません

“Line”は、iPhone 6用と iPhone 6 Plus用の2種類をご用意しました。
iPhone 6sには、再設計された6s版があります。無理にiPhone 6用に入れると本体に付加がかかり、壊れることがあるのでご注意ください。

16

装着方法と取り外し方法

「これ、硬いんだけど。無理やりやっても大丈夫?」

装着時はボリュームコントロール側から

Lineケースは遊びが少ない分、装着の時に無理矢理感があります。
実際には、TPUの弾性で吸収されるのですが、そうはいっても力の入れ方を間違えると破損の原因になります。
まず、ボタンの多いボリュームコントロール側をピッタリと差し入れましょう。
その後は、ギュッと押し込んでいけば入るはずです。
大事なことですが、カードなどは予め抜いておいてください。


line-set1
line-set2
line-set3

取り外し時には、角を剥きます

Lineケースの取り外しは、取り付け時よりも恐怖感が伴います。
Lineケース本体が壊れそうな気がします。ただ、ケースはショック吸収のために結構たわみに強いので、ある程度なら、ねじっても大丈夫。
以下のようにして、外してみてください。

IMG_5583

液晶面を押さえない。押さえるのは背面と角。

※最初にケースの中のカード類は必ず抜き取ってください。カードの破損につながります。
まず、iPhoneを縦に持ちます。そして片方の手でiPhoneの背面を支え、親指の根元でiPhoneの角をホールドしましょう。
続いて、もう片方の手で、ホールドした角の対角部分を下に押し下げます。
このとき、背面を支えている指でiPhoneをケースから追い出すように押すと良いでしょう。


line-out1
line-out2

力を入れにくい場合は、柔らかいもので押さえつけます

手だけではうまくいかない場合、お腹などの柔らかい面でiPhoneの短辺側をホールドします。
そして、両手親指で角を押し下げます。このとき、他の指でiPhoneの背面を支えてテコにします。
【注意】この方法は、とても強い力がiPhoneにかかります。
本体にダメージを与える可能性があるので、液晶面に絶対に触らないようにしてください。
また、角を押し下げる場合も、あくまでもケースに力を加えます。本体を押し込むと故障の原因になるので気をつけてください。

line-out3
line-out4

ケースから外してみたら、汚れていた!というときに

ご安心ください。傷ではなく汚れです。上手に対処すれば取れます。

発生している現象

PhoneFoam Lineを何かの理由ではずしてみたら。
大事なiPhoneに何かこびりついている!
そんな現象が発生することがあります。ご安心ください。これは傷ではありません。Lineの構造に起因する汚れの付着です。
本記事では、その対処方法をご説明します

yogore

なぜこの問題が起こるか

Lineの背面は硬質のポリウレタン。そして、カード脱落を防止するためにカードスロットをポリカーボネートで押さえつける構造になっています。
Lineは極限まで無駄を削ぎ落とした構造になっているため、カードスロットとiPhoneとが隔てられた構造にすることができませんでした。
スロット部が外とつながっている構造になるので、外部から埃が入り込む余地があります。
埃が入りこんでも、内部は殆ど隙間がありません。そのため、ポリカーボネートの周囲に埃が付着するという構図になります。

LP_card_slot

お掃除の仕方

iPhoneに傷をつけないために、お掃除には注意点があります。
本体内部に液状のものが入り込むと故障の原因となります。スプレー式の溶剤を直接吹きかけないようにしてください。
また、ガラスクリーナーや洗剤などもAppleは勧めていません。すべてのケーブルを取り外し、電源を切り、糸くずの出ない柔らかい布を少し水で湿らせて使ってください。内部に水分や湿気が入らないよう注意し、ゆっくり拭き取ります。
力を入れてこすると、埃の粒子が本体を傷つける場合があります。
ダメな場合、ウェットティッシュのように、アルコールを含んだ不織布で、汚れを拭き取ります。大抵の場合はこれでとれるはずです。
くどいようですが、ガラス面や、端子に接しないように注意してやさしく拭き取ってください。

cleanup

製品仕様
製品名称 PHONE FOAM Line iPhone6 PHONE FOAM Line iPhone6+
素材 TPU及びポリカーボネート TPU及びポリカーボネート
特徴 バンパー部が美しいスリムケース
カード収納機能
バンパー部が美しいスリムケース
カード収納機能
寸法 144×75×11(mm) 46g 165×85×11.2(mm) 58g
その他 カードスロットあり
ストラップホールなし
カードスロットあり
ストラップホールなし
注意事項 L字型イヤホンジャック使用不可 L字型イヤホンジャック使用不可
対応機種 iPhone6 iPhone6 Plus
購入 直営店 直営店

お問い合わせをお寄せください

株式会社ROOXでは、当社が製造または輸入しました商品について、ご購入先を問わずサポートいたします(並行輸入品は対象外。パッケージに「株式会社ROOX」との記載があるものが対象です。)。

使用方法・不具合に関しては、当社の製品開発の支えとなる重要な情報です。どうぞ、ご遠慮なくお寄せください。

お名前 (*)

メールアドレス (*)

お電話番号 (空欄可)

お問合せの内容 (*)

題名(空欄可)

メッセージ本文(*)

※送信後に自動配信メールが届かない場合、当社側から連絡ができない状態にあります。
※携帯メールアドレスでは、"rooxinc.com"ドメインからの受信を許可してください。
※その他の場合、メールアドレスが間違っている可能性がありますので、もう一度ご連絡ください。